プロフィール

 2001年の第48回よさこい祭から参加し早19年、数多くの出会いと別れを繰り返し今年で18回目の出場となりました。2020年は創設20周年の節目を迎えます。

 

 築いてきた歴史が再会をもたらせてくれる良いチームへと成長できました。参加当初は、幼かった子供たちや学生だった子が今では大きく成長し立派な姿を見せてくれています。

 祭人衆の門をたたいてくださった多くの踊り子の皆様、携わり支えてくださった多く関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

 参加者全員が『楽しかった!祭人衆-matsuribito-で踊れて良かった♪』と言って頂ける祭にするためにもスタッフ一同、精一杯努めて参ります。

宜しく御願い申し上げます。

 

 2020年度、祭人衆-matsuribito-の全イベント終了と共に三代目代表は退陣いたします。これまで出会った踊り子の皆様、苦楽を共にしてきたスタッフ、携わり支えて下さった関係者の皆様方には感謝の想いでいっぱいです。

 僕の集大成となる舞台で、再会と新たな出会いが織り成すドラマを、共に創り、共に楽しみ、主役を演じる踊り子さんには楽しい思い出の1ページとして残して頂ければと想っております。皆で大きな『華火』咲かせましょう!

 

そして2021年度以降も続いて行く祭人衆-matsuribito-を皆様のお力で盛り立てていって頂きたいと切に願います。

祭人衆 -matsuribito- 三代目代表 西森 健祐